フロントガラスコーティング メリット

メリット 5個

①雨天時の視界がクリア

撥水力によりフロントガラスにあたる雨水が水玉となり、ワイパーや走行中の風圧により弾き飛ばされやすくなる

②ワイパーの消耗を抑える

フロントガラスの撥水力が向上すれば、ワイパーを使う頻度が少なくなる

結果としてワイパー本体、ゴムの消耗を抑えられるので、交換費用の節減につながる

③汚れを落とす手間が減る

コーティングの施工により形成される被膜は、フロントガラスに直接汚れが付着するのを防ぐ

付着した汚れについても水で洗い流すだけで簡単に落とせるようになる

よって、日々のメンテナンスで汚れを落とす手間を減らせる

④冬場の凍結を軽減

コーティングの施工により、フロントガラスへの水滴の付着を抑えられ、たとえ凍結したとしても施工していない状態よりは簡単に落とせるようになる

忙しい朝に凍結を溶かす時間を短縮できる

⑤ワイパー作動時に異音が発生しにくくなる

小雨時にワイパーを作動させたとき、ワイパーゴムとフロントガラス表面が摩擦を起こして異音が発生する

「ビビリ音」と呼ばれるこの異音は、フロントガラスに油膜が付着していたり、こびりついた汚れにより「ウロコ」ができていたりする場合にも生じる

コーティングをかけることでガラス表面は滑らかになり、ワイパーゴムがスムーズに動くようになるため、異音が発生しにくくなる

コーティンング剤の種類

フッ素系

撥水効果は、シリコン系のコーティング剤に劣る

ガラス面への密着性に優れる性質から1年程度の耐久性が期待できる

市販のコーティング剤で比較するとシリコン系よりもコストは高い

シリコン系

フッ素系のコーティング剤よりも高い撥水性

フッ素系に比べ、低価格

1ヶ月ほどで再施工が必要になり、耐久性は期待できない

フッ素系のように硬い被膜を除去しなくてもよい。よって、再施工は容易

フッ素とシリコンの2層コート

フッ素系で下地をつくり、その上にシリコン系を塗り重ねていく「2層コート」

フッ素系の硬い被膜による優れた耐久性+シリコン系の油膜コートで生まれる撥水効果の高さ

それぞれのコーティング剤のメリットを併せ持つ

引用

フロントガラスのコーティング価格を成分ごとに紹介!施工方法も分かる | ボディコーティングコラム | コラム | イエローハット
運転時の良好な視界の確保は、安全で快適な走行を支える大きな要素の1つです。フロントガラスをベストな状態に保てていないと、雨の日や夜間に運転しづらくなるだけではなく、ワイパーゴムの消耗が早まったり、汚れが落としづらくなったりなどの不都合が生じやすくなります。そこで、このコラムではフロントガラスのコーティングをテーマに、そ...
Q&A
スポンサーリンク
シェアする
カーグッズ ニュース

コメント